消費者金融・銀行・カードのキャッシングの違い

MENU

消費者金融・銀行・カードのキャッシングの違い

キャッシングといえば、消費者金融というイメージがあるかもしれませんが、銀行や、クレジットカードでもキャッシングはできます。

 

銀行のキャッシングは、カードローンと呼ばれることも多く、基本的な仕組みや使い方は消費者金融のキャッシングと大体同じです。

 

クレジットカードを持っている人であれば、クレジットカードには大抵は20万円までののキャッシング枠がついていますので、カードでキャッシング利用できます。

 

【消費者金融・銀行・クレジットカードのキャッシングを比較】

 

クレジットカードと消費者金融は審査に通りやすいと言われています。金利は、銀行が最も低くされている分審査が厳しくなる可能性があります。

 

クレジットカードの場合、発行までに日数がかかりますので、急いでいる場合には、消費者金融が便利です。早さだけ見ると、消費者金融が一番早いです。

 

借入限度額は、どの方法でも始めは少額からですが、契約期間や返済実績によって増やしていきます。銀行の場合は、審査が厳しいためか初回でも100万円以下となっています。

 

【消費者金融でのキャッシングの場合】

 

消費者金融とは、プロミスやアコムなどの貸金業者のことをいいます。
後々が怖いだとか、悪いイメージがありますが、キャッシングに関して銀行や、クレジットカードの信販会社と大きな違いはありません。

 

キャッシングの申し込みには、店頭以外にネット申込みや無人契約機から申し込みます。
お金の借り入れには、銀行振込みかATMでの引き出しかを選べます。提携している銀行ATMやコンビニATMでも借入れ・返済ができますし、ネットバンキングを利用している人なら銀行振込はとても便利です。

 

返済は、銀行振込、カード返済、口座振替、どれでも利用できます。

 

【銀行のキャッシングの場合】

 

銀行のキャッシングは、三井住友銀行やみずほ銀行をはじめ新生銀行レイクなど、あらゆる銀行で扱っています。
銀行の場合はカードローンと呼ばれますが、言葉が違うだけでキャッシングと同じことです。

 

銀行キャッシングの申し込みは、ネット申込が多いです。
銀行備え付けの、専用ATMでも申込みもできます。
借入・返済方法はATMでの利用が多いですが、ネットで銀行振込・口座振替もできます。

 

【クレジットカードのキャッシングの場合】

 

クレジットカードには、楽天カード、イオンカード、三井住友VISAカード、アメリカンエキスプレス…銀行系、信販系、流通系、メーカー系、石油系…数えきれないほどたくさん種類があります。

 

クレジットカードを作るときに、ほとんどの人は10万円〜30万円のキャッシング枠を付けると思います。(アメックスカードなど一部のカードはキャッシングを扱っていません。)

 

クレジットカードの場合は、カード契約時にすでに審査に通っているので、キャッシングの際は新たに契約の必要もなく、ネットキャッシングもATMでの利用も手軽です。
返済方法は、クレジットカードの支払いと合わせ、口座振替の人が多いです。

 

消費者金融や銀行との大きな違いは、消費者金融や銀行より限度額が小さいためか、基本的に一括返済になっている点です。もちろんリボ払いにも対応はしています。
50万円を超える借入には、消費者金融と同じく収入証明書の提出が必要です。

 

なんにせよ、借金をする時には、安心して借りられるところを選んで申込みをしましょう。

 

安心して借金をする時のおすすめはこちら!