消費者金融と銀行カードローンの借入れ・返済は方法が異なる事も

MENU

消費者金融と銀行カードローンの借入れ・返済は方法が異なる事も

消費者金融で借入れの申込みをする時にはネット申込みが便利で早いです。一方銀行カードローンの利用でもネット申込みは同様にお勧めと言えます。それでも審査に通ってからの借入れや返済の方法では、一部の銀行カードローンでは消費者金融を利用するようには行かない事もあります。

 

 

【銀行カードローンを利用する時】

 

 

銀行カードローンを利用する時には、カードを利用してATMで借入れができるので、その点では消費者金融を利用する時と同様と言えます。

 

それでもネットキャッシングについては、銀行によって対応が異なっているのです。例えばネット銀行である楽天銀行やオリックス銀行等ではネットキャッシングが可能になっています。銀行ではありますが、消費者金融と同様のサービスを行っている新生銀行レイクでも同様に利用が可能となっています。

 

一方国内の三大メガバンクのカードローンではどうかと言えば、三菱東京UFJ銀行ではネットキャッシングを利用する事ができません。口座を持っている人ならばキャッシュカードをそのまま利用してATMでの利用となりますが、口座の無い人は新たなカードの発行が必要になります。

 

また三井住友銀行やみずほ銀行のカードローンではネットバンキングを利用できる人限りネットキャッシングが可能になっています。
銀行カードローンを利用する時には、借入れの方法を確認してから申し込みをすると良いです。

 

 

【銀行カードローンの返済をする時】

 

銀行カードローンの返済をする時には、借入れの時とは違い振込みによる返済や口座振替、ATM返済等の方法が選べるようになっています。振込みには自分が持っている銀行口座からネットバンキングで手続きを行えますが、口座振替で返済をする時にはその銀行口座を利用する場合もあります。
借入れや返済ではカードローンを利用している銀行の口座が特に必要ないという事もありますが、様々な利便性を考えるならば口座を作っておくと良いかも知れません。
そうする事により借入れではATMの利用が多い場合でも、返済では選択肢が広がる事になります。

 

 

【消費者金融なら何処でもネットキャッシング・口座振替の利用は可】

 

銀行カードローンではネットキャッシングを利用できない銀行がありますが、大手消費者金融では何処でもネットキャッシングに対応しています。午後2時頃までに契約が完了し、振込みの申込みを行えば口座に振込みをして貰えます。

 

返済方法で口座振替を選ぶ場合、消費者金融では手続きが面倒になる事もあります。プロミスではネットで口座振替の申込が行えるようになっていますが、アコムではコールセンターに電話をする必要があるようです。ただしその場合では利息が0円の時でないと手続きができないという事で、少々面倒な手続きとなっています。

 

消費者金融を利用する人の多くは、返済方法としてネット返済やATM利用を選択する事が多く、口座振替を利用するケースは比較的少ないと言えるようです。

 

 

 

 

消費者金融と銀行カードローンの借入れ・返済は方法が異なる事も記事一覧

 

無事に審査に通り借入れができた事で、ほっとする事もあるでしょう。それでも借入れた瞬間から返済を義務を負う事になります。ATMでお金を借りた場合には特に借金をしているという自覚が次第に薄くなると言われています。そのような感覚の延長により、返済が滞るという事もあります。それでも貸した側にとっては必ず返してもらわなければ困るというのが事実です。返済の延滞には大手消費者金融でも一定の手段を踏んで督促を行い...